PMSも症状次第いろいろです

女性なら誰もがPMSの可能性があります。
30年間は月経とつきあわなければならない中で、PMSの経験がない女性はた
ぶんいないと思います。(中には感じたことは無いよ!とおっしゃる稀有
な場合もあるかもしれませんが・・・)

問題はPMSの程度です。
ほとんど自覚症状がないような軽度なら良いのですが、人によっては起き上が
れないほどの重症もあるのです。

何とか日常生活を続ける事が出来る程度でしたら、まだ何とかなります。です
が身体症状が激しくて、ベットから起き上がれない、学校や会社に出ることが
出来ないとなれば、それは問題です。私の友人に何人かおりました。

人によってPMSの症状は違います。
激しい頭痛の場合もあります。差し込むような腹痛や腰痛という事もあります。
それでも1日休養していれば症状が和らぐ場合もあれば、月経がはじまっても
つらい場合もあります。
ルナベルのような副作用の少ないピルもでてきてはいますが、
まだ一般的ではありません。

身体的症状ばかりではありません。
精神的症状とでも言いましょうか?躁鬱症状となって表れる場合もあります。

イライラや、変に感傷的と少しの変化はありますが、そういう感情は何もPMS
に限ったことではありませんよね。ただそれが他人に迷惑をかけるような激し
いものだったら、それこそ問題です。人格を疑われてしまうような深刻な場合
だってあるでしょう。

友人の中にも居りました。
彼女の場合、感情の起伏が激しくなる時期があり、周期があったので、たぶん
PMSと想像はつきました。そういう時はこちらも意識して距離を置いたり、深
入りしないようにしていました。ただそれは同性でPMS?と想像できたからです。
身内や同性の友人でしたら、まだ甘えが利きますが、これが社会集団内でした
ら問題でしょう?
一番深刻だったのが、異性とのお付き合いだったようです。
せっかく交際が始まっても、PMSのおかげでヒステリーを起こしたり、攻撃的
になったりで長続きしないのです。普段の彼女は明るくてノーマルな女の子な
のに・・・。

こうなるとPMSだからと済ませなくなりますね。

彼女は婦人科のドクターに相談して、症状を調整できるようになりましたから、
そののちに結婚も出産も経験して、閉経を迎えています。